環境機械・破砕機の中古・新車販売・レンタルなら環境リサイクル機専門 建機館|全国対応

建機館は新車・中古の様々な環境リサイクル機械をご用意しております。神奈川を中心に全国対応で環境リサイクル機械・破砕機・建設機械の中古・新車の販売、レンタル・リース業務を行います。

環境リサイクル機械・環境機械の販売・レンタル・リース・買取 建機館

ホームWhat's New ≫ 北海道新幹線、札幌延伸 ≫

What's New

北海道新幹線、札幌延伸

img_144c67da560d5e127f736cd54b61b9bf267106_コピー
2030年、北海道は「北海道新幹線の札幌延伸」と「札幌オリンピック」の同時実現を目指しています。
延伸区間は212Km。そのうちトンネル区間は80%の169Km。そのトンネル工事で排出される残土は約2100万㎥。このうちの約3割が「鉛、カドミウム、ヒ素などの重金属」を含む自然由来の汚染土壌になると予測しています。
トンネルのなかでも、小樽市と札幌市の区間には「札樽(さっそん)トンネル」と呼ばれる全長26.2Kmのトンネル区間があり、このうち札幌側では約340万㎥の残土が排出されます。そのうちの約110万㎥(東京ドーム1杯分)が「要対策土」として手稲区の鉱山跡地に置かれる事になります。
残土の埋立候補地の近くには、浄水場(距離190m)、老人施設(210m)、病院(280m)、小学校(430m)、中学校(460m)があり、そこを「要対策土」を積んだダンプカーが1日に200台以上も往復する計画です。汚染残土が積まれる場所は、傾斜35~40度の急斜面で土砂崩れの危険性もあり、もし崩れたら、周辺の河川や浄水場も住宅地も汚染されることになります。
しっかりとした計画と対策が必要ですね。

TEL.03-4455-7290

開館時間 平日9:00~17:00
休館日 土日・祝祭日・年末年始・GW・夏季休暇・SW 他(館長の都合により休館の場合もあります。)

お問い合わせ

モバイルサイト

環境リサイクル機専門 建機館スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら